【第4回ストプロ★フェスタを開催しました!】

第4回ストプロ★フェスタが11月24日(月・祝)14:30~「大野城まどかぴあ」にて開催されました。
大変遅くなりましたが報告申し上げます。

まず坪井理事長の挨拶に始まり、最初の当事者講演は、自らも高認取得後大学に入学し、現在一部上場企業に勤務しながらストプロのまなび舎1525でボランティア先生をしているAさんが登壇しました。後半は縁あってAさんを励まし支えたBさんとの対話で笑いも起る和やかな講演となりました。

集合

続いて大牟田市在住でフォークシンガーとして「秋でもないのに」「耳をすませば」などのヒットを飛ばし、現在ゴスペルシンガーとして活動、ボランティア活動もされている本田路津子さんのミニコンサートが開かれ、会場は爽やかな雰囲気に包まれました。最後の曲「一人の小さな手」は聴衆の皆さんと声を合わせて歌いました。

本田1

本田2

休憩を挟んで「ネグレクト・育児放棄〜真奈ちゃんはなぜ死んだか」で小学館ノンフィクション大賞を受賞し、2013年には大阪の二児置き去り餓死事件を取材した「ルポ・虐待大阪二児置き去り事件」を出版したルポライター・杉山春さんの講演が行われました。重い内容の講演でしたが、杉山さんの「虐待は個人の問題ではなく社会全体の問題として捕らえなければいけない」という意見には同意し、かつ、社会の一員として出来ることもあるという思いを強く抱きました。

杉山

続くフロアトークでは杉山さんに加え北九州市子ども総合センター職員の中村知英さんとストプロからは坪井恵子理事長、柳優香理事が壇上で参加者からの質問に答え、また意見交換なども行われました。

フロア

最後のプログラムは福岡市こども総合相談センター職員の瀬里徳子さんが実際の里親と子どもの生活を追ったDVDを交え、里親制度の説明をし、里親に対する知識と理解を深めてほしいとPRしました。

瀬里

お越しくださった皆様は長時間にも関わらず熱心に話を聞き、またフロアトークでも様々な意見を述べるなどしていただき、また、皆さんからたくさんの寄付本をお持ちいただきました。お越しくださった皆さま、ありがとうございました。この場をかりてお礼申し上げます。

集合2