【私たちが力になります!待ってますSOSシンポジウムを開催しました!】

2017年2月12日(日)福岡アジア美術館内あじびホールにてストプロ★ファイナルイベント
私たちが力になります!待ってますSOSシンポジウムを開催しました。

入れ代わり立ち代わり、ボランティアさんを含め定員120名を超える方々にお越しいただきました。
ごちハウスで出会いたかったけれど出会えず、今も人知れず悩みや困難を抱えながら生きているユースが一刻も早く確かな機関、人につながってほしいとシンポジウム開催をしました。

「苦しい」「生きづらい」というSOSと、力になりたいという気持ちが少しでも早くつながることの必要性、そしてその難しさをもう一度考えるひとつのきっかけになっていれば幸いです。

みなさん、本当にありがとうございました。

11:15 開場、受付

IMG_0360 IMG_0345

IMG_0366 IMG_0364

12:00 開会のことば ストプロからのメッセージ

DSC_0115

坪井理事長と坂梨理事の
あいさつからはじまりました。

たくさんの人の温かい支援と気持ちでここまでやってくることができました。

 

 

 

12:20 私たちが力になります!

★事例紹介★

日頃から若者の力になっている皆さんから事例紹介が行われました。

DSC_0123
藤林武史さん
(福岡市こども総合相談センター所長)
梶谷優子さん
(福岡市教育委員会スクールソーシャルワーカー)
岩元優さん
(福岡市立福岡女子高等学校教諭)

 

 

DSC_1332
堀井智帆さん
(福岡県警察本部少年課福岡少年サポートセンター少年育成指導官)
佐藤信一さん
(株式会社まつしん/福祉・更生保護事業)
藤田裕子さん
(新星法律事務所弁護士 ストプロ理事)

 

 

★サバイバー講演1★

続いて、現在ピア・サポーターとして問題を抱える人たちを支援団体につなぐ活動をされている
ほしおか十色さんにご講演いただきました。

DSC_1338
ほしおか十色さん(ほしおか・といろ)

幼少期より父親からの身体的・性的虐待を受け、自傷行為や摂食障害、薬物依存などを経験するが支援者を得て社会復帰。ホステスをしていた数年間、歓楽街で出会った少女たちを支援団体につなぐ活動をしてきた。

 

 

 

13:50 参加者有志トーク

DSC_1340
大阪からはるばるストプロの応援に駆けつけてきてくださった大阪こどもの貧困アクショングループCPAO代表の徳丸ゆきこさん

大阪こどもの貧困アクショングループCPAO

 

 

 

DSC_1344
昨年のフェスタに参加してくださった西さん。
どうしようもなくなったときに、誰かが助けてくれた経験をお話ししてくださいました。

 

 

 

 

DSC_1345

 

 

ストプロ★ユースからのメッセージもボランティアさんの代読により紹介せてていただきました。

 

 

 

 

14:00 休憩 ※登壇者記念撮影

集合写真

当日登壇いただいた皆様とボランティアさんで集合写真を撮りました。
シンポジウムをビデオに収めてくださった刀川和也さん、実は映画「隣なる人」の監督さんでいらっしゃいます。福岡まで来てくださってビデオを回してくださいました。

14:20 大谷幸代さん(サバイバー講演2

DSC_1358

大谷幸代さん(おおたに・ゆきよ)
【自立援助ホームかんらん舎指導員】
北海道釧路市出身。3歳の頃、父が行方不明となり、母方祖父母宅で居候するも、19歳で母を子宮ガンで亡くす。地元の大学卒業後、埼玉の児童自立支援施設付属の養成所を経て、福岡学園に終ぢょく。結婚を機に退職。その後離婚を経て、社会的用語の施設でユースに伴走中。

 

 

15:05 ごちハウス★ボランティア、ストプロ支援者リレートーク

DSC_1366 DSC_1376

まなび舎1525のボランティア先生やそのほかお手伝いいただいたボランティアさん、そしてストプロを支援してきてくださった支援者さんからお話ししていただきました。また、ボランティアさんの代読によって投稿を紹介してもらいました。

登壇いただいた皆さん、投稿いただいた皆さん、ありがとうございました。

15:15 咲来美波さん(サバイバー講演3

DSC_1390

咲来美波さん(さくらい・みなみ
【琉球リハビリテーション学院 やぎさん保育園保育員】

18年間家に閉じ込められ身体的・精神的虐待を受けた。助けも来ないまま小・中学校に一度も通うことなく18歳の時に自力で家を逃げ出し保護。NHK番組「消えた子どもたち」への出演をきっかけに沖縄県で就職。現在、保育員として幼児~中学生に関わっている。

 

15:45 感想アンケート記入

DSC_1396

15:55 みんなで歌おう! カーペンターズ「シング」

会場のみなさんで一緒に歌いました!

16:05 閉会のことば

16:15 懇親&情報交換会

ミニ・コンサートでは、坪井理事長がアイリッシュハープ、ボランティアさんがバイオリン、そして東京から駆けつけてくださったフリーランス・ライターの三輪佳子さんが素敵な歌声を披露しました。三輪さんは先日生活保護のリアルでストプロを取り上げてくださいました。

生活保護のリアル
第一回 中卒の若者の貧困と孤立を、生活保護は救えるか? (クリックすると読めます)
第二回 生活保護世帯の子どもが迫られる「高校中退」という負の連鎖

また、たくさんの方々が子どもたちのために力になりたいと情報交換をされました。

18:00 終了

 

ojigi_animal_inu message_arigatou