【ストプロ★活動報告会in東京を開催しました】

新年あけましておめでとうございます。昨年もストプロに様々なご支援とご声援をいただき誠にありがとうございました。今年もどうか宜しくお願い申し上げます。

さて、昨年暮れに東京で3回開催した初のストプロ★活動報告会についてご報告させていただきます。参加者状況は以下の通りです。暮れも押し迫った中、それぞれの思いで各地からお越しいただいた皆さん、本当にありがとうございました。準備の時間を十分にとっていなかった為、各回ともバタバタと開始。特に30日の会につきましては、会場入り口で開錠をお待ちいただくようなことになり、時間のロスもありましたが、プロジェクターの準備や椅子の並べ替えなど皆さんお手伝いくださり助かりました。古本、電子手帳、携帯ラジオ、差入れの茶菓子などもありがとうございました!

第1回 28日13時~15時(新宿/ルノアール会議室)8名
第2回 28日15時~17時(新宿/ルノアール会議室)8名
第3回 30日15時~17時(六本木/Unity567シェアダイニング)7名+1名(佐賀在住のボラスタッフ)

合計24名と坪井、中川監事で26名の参加でした。

在京の正/賛助会員・寄付本・ご寄付・物品寄贈などでご支援くださっている方々、2010年12月28日からストプロ★寄付本プロジェクトでお世話になっているバリューブックスさん、「なくそう子どもの貧困」のメーリスを見て参加してくださった大学生、ストプロと同じような団体に関わっていらっしゃる方々、弁護士、NHKからディレクター3名(クローズアップ現代、ハートネットTVなど)、医療関係の記者さん、編集者さん、CCC(TSUTAYA)さん、保護司さんと各方面のみなさんが集ってくださいました。中にはお子様の不登校を経験されたという方々も。

報告会は、始めに70分程度、PPを使ってストプロの活動ヒストリーをご覧いただいた後、質疑応答タイム。皆さん積極的にご意見やアドバイスをくださったり、それぞれの思いを語ってくださいました。終始和やかな雰囲気の中、内容的にはとても重たい部分もありましたが、皆さん、しっかり、じっくり聴いてくださいました。今後のストプロの活動方針などについても具体的に訊ねてくださる方もあり、身が引き締まる思いでお応えしました。

FBなどwebをされていない支援者の方とはお電話やお手紙のみでの交流ですし、ストプロ通信でお伝えできる内容は限られ、雰囲気をお伝えすることは難しいです。急な企画ではありましたが、報告会を開催したことで、ストプロ・ユースの実像、実態を直にお伝えすることで彼らのことを多少でもリアルに感じていただけたのではないかと思っています。そして何より、実際にお目にかかって日頃のご支援への御礼を申し上げたり、どんなきっかけや動機でストプロをご支援くださっているのかを伺うことができて本当に良かったと思います。

今回は暮れということで、参加はしたいが時期的に。。。。というご連絡などもいただきました。今後は関西での開催を含め、皆さんがご参加いただきやすい時期で年に1,2回同様の報告会的なものができればと思います。

博多で活動しているストプロですが、北海道から沖縄まで全国のみなさまにご支援いただいている団体です。みなさま、本当にありがとうございます。これからも「生きづらくさまよえるユース」の伴走活動を頑張っていきますので、引き続きのご支援をよろしくお願い申し上げます。(坪井恵子)