【知ってください、聞いてください、オウチごはんを食べに来るユースのことを!】

【お願い/講演会の開催】

目下、公式サイトの大きな更新に向けて準備中ですが、同時に「ストプロ★ごちハウス」での活動やストプロ・ユースについて市民のみなさまに聞いていただく機会をたくさん得たく、講演の受付フォームおよび案内書も作成中です。

ストプロ・ユースの生きづらさ、日々の厳しい生活、将来への不安、本来ならば進路保障が…されるはずの家庭にいながらそれを阻まれている彼らのことをお伝えしたいのです。

そして、「親は何をしているんだ!?」とか「行政がすべきだ!」という考えはいったん横に置いて、縁あって出会った目の前のユースが日に二度以上のごはんを食べ、最低でも高校卒業という最終学歴を得て、願うならば大学進学という「自分が選んだ人生」を歩むことができるような伴走活動を4,5年は続けるためにも市民の皆さんのご理解とご協力(今すぐ、無理なく、継続してできること)をいただきたいのです。

もちろん、個人からグループ、団体、学校、企業まですべての立ち位置のみなさまに知っていただきたい大切な、そして深刻な、でも将来がとっても楽しみな彼らの話です。

毎日のようにオウチごはんを食べに来てくれる高校生の生い立ちや日常、そして将来を考えた時、もう市民の皆さんのお力を借りるしかない!もたもたしてはいられない!と危機感を感じる毎日です。まずは知ってください、聞いてください、同じ福岡に住む彼らのことを。そして、全国中にSOSを出せないストプロ・ユースがいることを。

 

どうか、よろしくお願いいたします。