【諸事情により3月末をもって活動を休止いたします。】

ストプロは、諸般の事情により来年 2017 年3月をもって
活動を終了することを理事会で決定いたしました。

___2009 年5月10日に福岡市東市民センター研修室を会場に高認無料塾をスタートした時から今日までの7年半、地元のボランティアさん始め、北は北海道から南は沖縄にお住いの実に 2,000 余名の方々 ( お名前のわかる方 ) とお名前の分からない数知れぬ多くの皆様による会員・寄付金 ( 募金 )・寄付本・物品に支えられて活動を続けることができました。心より感謝申し上げます。ありがとうございました。現在、ごちハウスを利用している数名のユースと連絡の取れる OB、OG にはしっかり事情を伝え、彼らが望むならストプロと同じ思いでユースを手助けされている信頼できる人や団体に繋ぐなど、できる限りのことをいたしますので、どうか、ご安心ください。

___また、この事前告知は今後利用を考えているユースおよび紹介者のためにもと思い早い時期に公表した次第です。あわせてご理解いただければ幸いです。今後の予定およびご支援等の受付につきましては、下記に載せておりますので、ぜひ、お目通しください。

___来年4月発行予定のストプロ通信第22号(最終号)、ホームページ、ごちハウスの本 ( 活動の記録と社会問題の提起が目的で出版希望 ) などに支援者として文章をお寄せいただける方と、来年2月12日開催予定のストプロ★シンポジウム(ファイナル)に参加、登壇、発表などをしてくださる方の募集についても載せております。引き続き、ストプロの見守り、ご支援のほどよろしくお願い申しあげます。

 

2016年12月3日

一般社団法人ストリート・プロジェクト 理事長 坪井恵子

今後の予定

 2017年
2月12日(日)

 ストプロ★ファイナルイベント
『私たちが力になります!
_____待ってますSOSシンポジウム』

※詳細は決定次第公式サイトにてお知らせします。

時間:12:00~16:00
___懇親会16:15~
会場:福岡アジア美術館 あじびホール

【第1部】
悩みや問題を抱えている15~25歳のSOSを受け付けてくれる人や機関を紹介します。
【第2部】
サバイバー講演:
家庭内の暴力(身体、ことばなどすべて)を生き延びた人たち
【第3部】
参加者有志によるリレートーク

 2017年3月末  すべての支援の受付を終了(寄付本、寄付金、募金のすべて)
※クレジットカード、銀行、ゆうちょ等で自動引き落としまたは自動送金されている方は、お早めに解約をお願いいたします。
2017年4月中旬 ストプロ通信第22号発行、発送

投稿・登壇者大募集中

掲載及び 発表の場

2017 年 2 月 12 日開催のファイナルイベントに登壇発表、代読、メッセージをスクリーンで 紹介など、ストプロ通信 ( 公式サイト )、facebook 等 SNS、ストプロの本 ( 出版希望 )

投稿方法

内容を約 100〜400 文字 ( 原稿用紙 1 枚くらいまで ) にまとめ、
メールか封書で 2017 年1月 20 日 ( 金 ) 必着でお送りください。
下記の①〜④を必ずお知らせください。
尚、お送りいただいた原稿は返却いたしませんので予めご了承ください。
①お名前 ( ふりがな ) または匿名 ②都道府県名 ③年齢○○代
④連絡先 ( 打ち合わせや確認作業があるため、必ず繋がる電話かメールアドレス要 )

支援者のみなさん、声をお寄せください!

・ストプロに支援してくださったきっかけ、理由
・子ども達 / 活動への思い、感想、メッセ—ジなど

当事者のみなさん、思いを吐き出しませんか?

・過去や今の悩み、生きづらさ、苦しさなどについて
・誰かに支えてもらった時の気持ち
・支えてもらえなかった時の気持ち
・今の気持ち